なでしこブログ

2011年07月13日

初戦は雨の中・・・

*今日のブログ担当は、天田恵莉香(藤枝順心学園高等学校)と乗松瑠華(JFAアカデミー福島)の両選手です。


今日の午前中のトレーニングは、先発組とサブ組に分かれてのものでした。
先発組はセットプレーの確認、サブ組はミニゲームをしました。

午後の韓国戦は初戦ということもあり、みんな緊張していました。
前半は「前に前に」という意識が高く、落ち着いてボールを回せませんでした。
そのため、センタリングのボールに対する中の枚数をかけることができず、
相手のゴールを奪うことができませんでした。

逆に後半は、サイドからの攻撃が少なく、決定的な場面でも決めきることができなかったので、
PK戦にまで行ってしまいました。
ですが、PKをしっかり勝ちきれたのでよかったです。
今日の反省点を改善し、残りの2試合も絶対勝ちたいです。

**************************************
試合は雨の中での対戦となりました。
厳しいピッチコンディションながら、選手たちははつらつとしたプレーを見せ、
何度か決定機も作り出しました。

しかし、80分間のうちにゴールを割ることはできず、大会規定によってPK戦へと突入。
両チームとも7人が蹴りましたが、先行の日本が見事に勝利を収めて見事勝ち点3を獲得しました。

同日に行われたU-18大阪対U-16上海は4−2で地元大阪が勝利を収めました。
明日は16時30分からJ-GREEN堺でU-16上海との第2戦を迎えます。

今日の試合にフル出場したうちの3選手のコメントを掲載します。

平尾 知佳/JFAアカデミー福島
チームとしてのポイントは2つあります。1つ目は、前半から大きくパス回しができ、
日本のボール支配率が高かったことです。
そのおかげでシュートにもつながりました。2つ目は、1つ目につながることですが、
シュートまで行けたことはよかったものの、決められるところで決めきれなかったことです。
私のポイントは2つあります。1つ目はキックの精度です。
グラウンドが悪い分、気をつけて蹴ろうとしてもミスしてしまうことが多かったので、
今度からはトレーニングしてしっかり蹴っていきたいです。
2つ目は、ミスした後、すぐ立ち直ることができてよかったということです。
これらのポイントに留意し、次にまた試合に出ることがあったら一生懸命プレーしていきたいです。

万屋 美穂/FCヴィトーリア
今日は韓国との対戦でした。私は左サイドDFで先発しました。
韓国は体が大きかったけれど、皆、体を当ててボールを奪うことができました。
自分にとっても言えることだが、グラウンド状況が悪いことにも影響されたりしてパスミスや味方にとって良いボールを出せていなかったりし、また、守備面では裏を取られたりしたので、この点は修正していこうと思います。
攻撃ではもっとサイド突破を狙っていき、しんどい時こそ頑張っていきたいです。
PK戦に入った時とても緊張しましたが、シュートが入ったのでよかったです。
明日も頑張ります。

伊藤 美紀/常盤木学園高等学校
今日の試合では、よかったところもあれば悪かったところもありました。
まず、よかったところは、失敗を怖がらずプレーをしたことです。
そうすることによって、サイドから仕掛けてチャンスを作ることができました。
しかし、その後の判断が悪く、自分でチャンスをつぶしてしまったので、
そのようなことがないように1つ1つの判断を冷静にしっかりやっていきたいです。
悪かったところは、ワンタッチでパスをするのか、自分でドリブルで行くのかの判断と、ドリブルの仕方です。
判断は、ボールが来る前に見ておいて、常に良い準備ができるようにしていきたいです。
ドリブルの仕方は、相手があまりとりに来ていないのに1人であわてて相手に取られることが多かったので、
相手をしっかり見て焦らずかわせるようにこれから練習していきたい。


≪試合日程≫
7月12日(火) 16:30 対 U-18韓国女子代表(J-GREEN堺)
7月13日(水) 16:30 対 U-18上海選抜(J-GREEN堺)
7月14日(木) 18:45 対 U-18大阪選抜(J-GREEN堺)

この記事を共有する