なでしこブログ

2011年07月15日

PK戦を制して優勝!

今日のブログ担当の紹介です。
伊藤美紀(常盤木学園)・・・だいぶ小柄なチワワちゃん(に似ている)。
籾木結花(日テレ・メニーナ)・・・チワワちゃんよりは大きい柴犬(に似ている)。


今日も昨日と同じく、遅めの朝を迎えました
(といっても、7時半です。
なでしこの準決勝の後半をしっかりと観戦した選手も多くいました byスタッフ)。

そして午前中はトレーニングをし、試合に向けての調整をしました。

午後はいつもよりも試合の時間帯が遅かったため、身体を休める時間が多かったです。
この休息時間の後はミーティングをしておにぎりを1人2つ食べました。
梅が人気だったので、夏バテをしないように塩分を取ろうと思ったのかなと感じました。
そんなこんなで楽しい1週間になりました。

それでは試合について振り返っていきましょう。

今日は優勝をかけた大阪U-18とのゲームとなりました。
前半も後半もチャンスを作っていたものの、
点を決めることができずに苦しいゲームになりました。

しかし、最後のPK戦では、疲れた中でも全員が決め、
GKの木付が気迫で相手を圧倒し、
また、最後の1本を止め、見事、優勝することができました。
最終的にヒロインとなったのは、チョコチップ(というあだ名の)木付でした(笑)。

この1週間で学んだことをチームに帰っても継続し、
このキャンプで見つけた課題を改善して、さらにレベルアップしていきたいと思います。

以上、犬コンビでした!

***********************************

2選手からの試合後のコメントを掲載します。

木付優衣/AC.MIKAN
今日は、優勝をかけての試合だった。
夕方の6時45分キックオフだったのでいつもより涼しく、プレーしやすかったと思います。
しかし、風が少しあって、クロスのボールの伸びや失速を気にしてプレーしました。
でも前半で1つ、思ったよりもボールが伸びて、
奪いに行ったのにかぶってしまった危険な場面がありました。
風や相手の上体を見て、感じて、考えてプレーしたいと思いました。
ゲームの中でのクロスへの対応は、私の今後の課題です。
チームに戻ったら、風やコンディション、相手をしっかり観察してプレーしていきたい。
ゲームは0-0のまま終わり、PK戦となりました。
私は「よっしゃ こいやー!!」と気合を入れて相手を威嚇しました。
その相手のシュートには触れませんでしたが、ボールは枠外だったので、
自分は気持で勝ったのだなと思いました。
そして相手の5本目、止めれば優勝の場面でした。
相手は右キッカーで、走りこむときにボールに対して少し角度があったので、
そのまままっすぐボールに来るのか、回り込んでボールをけりに来るのかを見て判断し、
キックを止めました。
(相手に決められた)1,3,4本目に感じたことを5本目に活かすことができてキックを止め、
勝利に貢献することができたと思います。
味方の選手がすべてのキックを決めてくれていたので
私は気持を楽にしてチャレンジできたことがこの勝利の要因だったと確信しています。
この経験を活かしてこれからもトレーニングしていきたいです。
優勝できたことは、すごくうれしかったです!

佐々木美和/常盤木学園高等学校
この合宿を通して、私は常に周りの情報を1つでも多く集めて、
その状況に応じてのファーストタッチや、ボールを受ける前の動きなどの
意識を変えていかなくてはいけないと、改めて実感しました。
海外のチームとの試合は私にとって初めての経験でした。
相手の位置をしっかり確認してからボールを受けないと、すぐに寄せられて、
ボールを奪われてしまうということが何回かありました。
ボディコンタクトでは負けることなく、しっかりと競り合ってボールキープすることができました。
そして今日は優勝がかかっていた試合でしたが、80分で決着をつけることができず、
PK戦に持ち込んでしまいました。
しかし、全員が落ち着いて蹴ることができ、
大事な1戦を勝利で飾ることができてよかったです。
今回できなかった部分や、学んだことはチームに帰ってからも練習して、
自分のものにし、通用した部分はこれからも伸ばしていけるよう、頑張っていきたいです。
また、サッカーを通じて韓国にも友達ができてよかったです。

結果等はこちら

※U16代表 大阪国際大会の記事は

 【U16代表 大阪国際大会】梅雨が明けた大阪より
 【U16代表 大阪国際大会】初戦は雨の中・・・
 【U16代表 大阪国際大会】流行っているもの

この記事を共有する