なでしこブログ

2012年12月08日

【フットサル女子代表】第3回世界女子フットサルトーナメント第4戦(vsブラジル) 試合結果

2012年12月7日(金)19:30キックオフ(現地時間)
@Hall Dr. Salvador Machado

フットサル日本女子代表 0-5 (前半0-3) フットサルブラジル女子代表

得点経過
3'08 失点
11'40 失点
13'51 失点
30'04 失点
38'57 失点

201212082200.jpg

スターティングメンバー
GK
本多 さかえ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
FP
小出 夏美(SWHレディースフットサルクラブ)
中野 絵美(arco-iris KOBE)
足利 千春(Estrela NOVO Kawaguchi)
吉林 千景(ファンフットサルクラブレディース)

サブメンバー
GK 
秋元 麻陽(arco-iris KOBE)
松山 愛(Estrela NOVO Kawaguchi)

FP 
井野 美聡(arco-iris KOBE)
中島 詩織(Diamante Logrono)
芝原 夏奈(カフリンガボーイズ東久留米)
関灘 美那子(arco-iris KOBE)
阿部 真美(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
佐藤 楓(福岡J・アンクラス)
江口 なおみ(SWH LADIES)

◆監督、選手コメント
在原正明監督
世界王者ブラジルに日本女子フットサルが初めて挑む歴史的な一戦。結果は0‐5と惨敗だったがベンチ入り選手全員が出場し、点差が徐々に開くなかでも我々の目指す形を随所に表現することができていたので、ポジティブに捉えることができる試合だった。今日の試合ではプレッシャーの少ない中で伸び伸びとプレーできれば自分たちらしさを出すことができることが証明された。しかし明後日の5‐6位決定戦はグループリーグ2・3戦同様に勝敗にこだわったタフなゲームになる。今日の試合を冷静に振り返り、ウクライナ戦ではさらにプレッシャーの中でも日本らしさを表現できるよう良い準備していきたい。

中島絵美選手
世界王者であるブラジルと試合が出来るこの日を楽しみにしていた。結果は0-5で負けてしまったが、日本にもチャンスがなかった訳ではない。決めるべき所で決められず、それが自分たちを苦しめてしまったのだと思う。試合中は皆で声を出しながら下を向く事なく、前を向いて必死に戦った。今回ブラジルと対戦出来たことは非常に貴重な経験となった。まだ5位決定戦があるので、この経験を生かし次戦も全力でチーム一丸となって戦いたい。

佐藤楓選手
今日はグループリーグ突破のかかった大事な試合だった。世界王者ブラジルに対して、粘り強く守備が出来た。しかし、個人の能力が高い選手に対してプレスの間合いが悪く、かわされてシュートまで持っていかれたり、ボールウォッチャーになりすぎてマークが外れたりしてしまい、最終的に5失点してしまった。攻撃は、何回かチャンスがあったにも関わらず決めきれなかったので、改善しないといけない。攻撃のバリエーションと相手との駆け引きは課題だと思う。

◆マッチレポート
準決勝進出を賭けたグループステージ最終戦。相手は過去2大会を制覇している世界王者ブラジル。試合前のミーティングでは、「ブラジルとの対戦となるが、ブラジルに勝つことは決して不可能なことではない。今までやってきたことをすべて出し切ろう」と話した在原監督。
この日は本多さかえ、小出夏美、中野絵美、足利千春、吉林千景の5人でスタート。前半2分、敵陣でボールを奪った吉林がそのままシュートを打つもGKに正面でキャッチされ得点にはならず。4分には、ブラジルにゴール前で振り向きざまにシュートを打たれ、これがゴールとなり日本は先制点を許した。前線から積極的にプレスをかけボールを奪いにいく日本は9分、敵陣でボールを奪った関灘美那子がシュートするもブラジルDFに阻まれる。これに対しブラジルは12分、14分と早い攻撃展開からたて続けに失点してしまう。日本はブラジルに3点のリードを許し前半を終了。
何とか得点したい日本は、後半開始早々から積極的に攻撃を仕掛ける。開始直後の21分には、吉林がドリブルで持ち込みシュートを打つも相手GKがこれをセーブ。続く23分、ハーフウェーでボールを奪った小出がドリブルでゴール前まで持ち込みそのままシュートを打つもこれも惜しくも相手GKに阻まれる。反対に、31分にはゴール右からブラジルにシュートを打たれ失点、試合終了間際にもカウンターから失点し、日本は5失点を喫す。
このまま試合は終了。日本はGKも含め14人全員が出場し、世界王者相手に総力戦で挑むも、残念ながら完敗となった。

◆その他の試合
グループA
ポルトガル 3-1 イラン

グループB
ロシア 3-0 ウクライナ
スペイン 11-0 マーレシア

◆今後のスケジュール
5位決定戦
12月9日(日)11:00キックオフ(現地時間) vsウクライナ

JFAフットサル公式facebook
この記事を共有する